Raleigh

Raleighs History
  • 1870年代
  • 1900年代
  • 1910年代
  • 1920年代
  • 1930年代
  • 1940年代
  • 1950年代
  • 1960年代
  • 1970年代
  • 1980年代

Raleigh Historyフランク=ボーデンが自転車に賭けようと決意してから百数十年。
ラレーは自転車をビジネスとして考えるだけでなく、すべての人々に自転車の素晴らしさを伝えるために、自転車のテクノロジーを開発し、またサイクルスポーツにも貢献してきた歴史でした。

History

- 1870

- 1870

香港から帰国したFrank Bowdenは、香港での実業の激務から体調を崩しますが、友人から薦められたサイクリングにより、医者も驚くほどの快復をしました。

- 1887

- 1887

Frank Bowdenは、ノッティンガム・ラレーストリートに合った小さな自転車工房を買い取り、通りの名前からRaleigh Bicycle Companyと会社名を名づけたのでした。

- 1890

- 1890

自転車のレースサポートも積極的に行い、自転車製造の技術も高まってきます。 Raleighの大きなアイデンティティであったチューブラークラウンが開発されました。タイヤの太さにあわせてクラウンを製作する必要もなく、軽量で優れたもので、その後も多くのモデルに採用されました。

- 1896

- 1896

自新ラレー工場が稼動。なんと16基ものガスエンジンを動力としていました。既にこのとき世界最大の自転車工場となっていました。

- 1897

- 1897

ZimmyことA.A.Zimmermanは、ラレー初の世界チャンピオンに輝きます。 その後1400以上のレースで勝ち続け、主な舞台だったアメリカでは、「大統領よりも名が知れたやつ」としてジャーナリストが書いたほどです。 享楽が好きで、陽気で、おまけにレーサーなのにタバコは吸うし、大きなレースの前日でも夜更けまで友達と騒いでる。そんな気さくで偉大なレーサーに人々は魅了されました。